omottakoto

つぶやかないで書いてみる

春のパンに思った

日本では春に特定のパンをたくさん買うと、皿などがもらえるまつりがある。

パンの袋に貼ってあるシールを集めると必ずもらえる、というやつだ。

 

毎年皿と決めているのは山崎さん。物は決めていないが、「リサとガスパール」という白と黒の動物のキャラクターをあしらった物をくれるのは敷島さんである。

私はキャラクターグッズはあまり持たないのだが、「リサとガスパール」と「ムーミン」は別としている。リサとガスパールの原画展に足を運んだこともある。そもそも普段からスーパーで食パンを買うならほぼ、敷島さんが作っている「超熟」という商品だったりする。

 

そんなわけで、3月は敷島さんのパンを普段以上に食べ、こつこつとシールを30点分集め、はがきに貼って送った。そして十日ほどして届いた品がこちら。

IMG_0598.JPG


リサとガスパールのシリコンスチーマー(折り畳んだ状態)

 

シリコンスチーマーなるものを初めて手にした。

さっそく玉ねぎを蒸してみた。くし型に切り、中サイズなら一個分くらい入る。99年製の我が家の電子レンジでも使えた。造りはしっかりしているし、折り畳んでしまえるのも良い。

写真に撮って気づいたが、リサ(左・白)とガスパール(右・黒)がしっかり表現されている。感心した。

 

何年か前に同じくして手に入れたエコバッグも、日々レジ袋代わりに使っている。いまだに傷んでないので、景品とはいえ良い物なのだなと思う。敷島さん、なかなかやる。来年は何にしようとか、もう考えているのだろうか。

エコバッグやトートバッグは景品としてよくあるが、正直言って使い切れない。なんとなく応募して、結局、トートバッグ二つはほとんど出番なく、押し入れに眠っている。あと、食器類も我が家ではしまい込まれる可能性が高い。確か前回は食器で、応募しなかった。

今回はスーパーに実物が置いてあるのを見て、これは使えると思ったので応募してみた。テレビCMでやっているジャムも作ってみたい。ちょっとしたレシピ集が付いていて、ジャムも何種類か載っている。

 

ところで、今回せっせと点数シールを集めているときに、スーパーで衝撃的光景に出くわした。パン売り場に、明らかにシールが剥がされた形跡のある商品が並んでいた。気持ちが悪くなった。