omottakoto

つぶやかないで書いてみる

一人分の料理に思った

いろいろある家事の中で、私がいつも悩むのは毎日の料理だ。主婦は皆そうか。

何かを手作りするのはどちらかと言うと好きだ。でも「料理が好き」とははっきり言えない。

 

作るのにかけた時間よりも、短い時間で消えてなくなるのが何だかむなしいからなのか。

確かに、お菓子を作った時にはそう思わなくもない。お菓子作りは、必要な分量をきっちり量ることが重要で、いい加減にやってしまうとどうしようもない失敗作になる。それに、特別なケーキだったりすると見た目も重要なわけで、飾り付けの手間は誰にも想像がつく。とにかく時間がかかる。やっと出来上がった頃には愛着が湧いていて、食べるのがもったいないな、なんて思うこともある。

だからと言って、普段の食事作りではそこまで思わない。普段の料理が適当だとバレるが。

 

おそらく私は、自分で作った料理を自分で食べるのが嫌なんだと思う。

まったく同じ味だとしても、誰かが作ってくれた方がおいしい気がしてならない。

だから、自分一人のための料理となると急激に創作意欲が下がる。自分以外の家族がいるから作ろうと思えている。

一人の食卓につくづくそう思った。