omottakoto

つぶやかないで書いてみる

カビ臭と塩素臭とカレー臭

 

今日の午前中は浴室の大掃除をした。

普段は手の届く範囲でしかやらない壁のタイル磨き。今日は天井付近も磨いてやった。

 

我が家は停電すると水道も止まる仕組みで、非常時に備えて湯船に半分くらいは常に水をためておくようにしていた。そのせいか梅雨のせいか、この頃なんとなくカビ臭を感じるようになった。今日は塩素系の洗剤を使う。窓を開けて、ビニールのエプロンと手袋、メガネもかけて万全。本当はドアも開けて通気したいけれど、猫が侵入して危険なので開けられない。

 

最初は、プールの授業を思い出す〜と余裕だったが、すぐに塩素臭が充満して気持ち悪くなった。このあとの昼ご飯は食べられそうもない。スプレーのボトルに、体調のすぐれない方は使用を控えて、とあったけれど、臭覚のすぐれている方も控えた方が良いと思った。

 

私は鼻が利く。

道を歩いていれば、カレー屋さんの存在を隣を歩く人より10歩先に気づける自信がある。ごはん時に外に出ると、どこからともなく漂ういいにおい。ごま油の陰に隠れた香りを探り、メニューを想像してみる。おいしいにおいはうれしい。でもそればかりじゃないわけだ。

 

強烈な塩素臭につつまれながら作業は進み、タイルの白い目地は一段明るくなったようなそうでもないような。結構な築年数、うちの入居当時から古さを感じさせる箇所はそこかしこにあった。浴室は特に。なので劇的にキレイになった感はない。

ただあるのは達成感。疲れたらおなかがすいて、普通に昼ご飯を食べた。