omottakoto

つぶやかないで書いてみる

ベランダ環境を整える

 

柵への防風ネットに続く、ベランダ環境改善計画が進行中。

 

120720a.png

 

コンクリートの床にシーグラス(水草)マットを敷いた。風呂場の脱衣所に敷いてありそうなあれだ。

夏、コンクリートは蓄熱して高温になるので、直に鉢を置くのは良くない。うちのベランダの場合は、取れない汚れを隠すためでもある。よく、ベランダの床にはウッドパネルが使われるけれど、この古い物件にそぐわないのではと思った。なんだか床だけ浮いてしまいそうで。それに何十枚も必要になって高価だし。このマットは一枚¥735、6枚使用した。

お金を掛ければ簡単だけれども、お金を掛けずに何が出来るか悩むのが楽しい。まぁ、単に節約ですが。

 

 

手前の寄せ植え鉢のヒポエステスに、ひっそりと花が咲いていた。

 

120720b.png

 

120720c.png

 

ちっちゃい上に目立たない場所。色も、赤紫の葉に紫の花でわかりづらい。

 

観葉植物や多肉植物の花は、品種によっては「鑑賞価値がない」と本によく書いてある。中には、咲く前に摘み取った方が良いものもある。なんだか寂しいけれど、花を咲かすことで株が体力を消耗しないためだ。

この春、我が家の多肉の一つを花を咲かせてそのままにしていたら、やはり株自体がやられてしまった。幸い葉挿しで残せたので、どうにか育ってほしいところだ。

花は八割咲いたら茎ごと切る、もしくはつぼみがつく前の茎を切って増やせる、というのを後で知った。まだまだ勉強が足りない。