omottakoto

つぶやかないで書いてみる

耳障りな音

つぶやきと言うにはちょっと長い愚痴。

 

家で冷房はほとんど使わず、窓を開けて過ごす。そうしていると、外から様々な音が部屋の中まで届くのだが、どうにも耳障りな音が一つあってイライラしてしまう。

 

それはどこかの電話の着信音。

子供のぐずる声でも、リコーダーを練習する音でも、わんこのムダ吠えでも、道路を行き交う車の騒音でも、駐車場で誤作動した車の警報音でも、朝夕騒ぐカラスでも、幼稚園のお遊戯の音楽でも、ガソリンスタンドの威勢の良い接客でも、何かの合図の空砲(これは桁違いに爆音で心臓に悪いが、祭りの時などごくたまになので許す。しかし何のために鳴らすのか私は未だに知らない。)でもなく、どこかのお宅の電話が鳴る音。RRRRRRRRRR……。他のどの音よりも、一日に聞こえる回数が飛び抜けて多い。

 

どこのお宅かはわからない。どこでもいい。

なぜそんなに大きな音に設定しているのか。屋外で鳴っているとしか思えない音量だ。

なぜそんなにかかって来るのか。そしてなぜそんなに出てあげないのか。

RRRと聞こえるたびに、電話ですよー、と心の中で叫んでいる。