omottakoto

つぶやかないで書いてみる

冬が来てしまった

 

121125a.png

 

我が家から見える乗鞍岳北アルプス南端の山々の総称。主峰は剣が峰3,026m)

真っ白!電線ジャマ!

 

今朝7時前の松本市街、マイナス1.7℃。

今日は車のタイヤ交換を済ませた。冬が来てしまった。

 

こちらに来ることが決まり、引っ越し先を探していると、ほとんどの物件に屋外物置が付いていることに気づいた。タイヤを収納しておくためだと知った。冬はスタッドレスタイヤに交換する。寒冷地だなーと実感したことのひとつ。

 

春先に引っ越して来て、自宅からも雪山が見えることに気づいて感動した。

東京にいたときの家から見える景色と言えば、住宅住宅…。西側の窓の目の前には隣の壁が迫っていた。

東京神奈川にしか住んだことがなかったので、遠くに見える富士山のほかに雪山を知らなかった。北アルプスは、雪をまとうとより美しい姿になると思う。山姿が東京神奈川では見ることのできないフォルムをしている。

市街地からほど近い小高い山だって、紅葉の時季は目を楽しませてくれる。

 

でも、地元生まれ地元育ちの人に、雪山がきれいと言っても反応が薄い。

紅葉がきれいと言っても反応が薄い。

見慣れすぎているのだろう。

それなら、こちらの人たちは海を見たら感動するのだろうか。

海いいですねーって言われても、やっぱり自分も反応薄いだろうな。