omottakoto

つぶやかないで書いてみる

もうすぐ会えそう

 

市から母子手帳とともに支給された妊婦検診の補助券の束、最初はこんなに何枚も使うのだろうかと思っていたら、今週の検診で最後の一枚を使い切りました。今年ほど病院に通った年はありません。普段は歯医者かコンタクトのための眼科に行くくらいです。

年に一回は簡単な健康診断を受けてましたが、何の異常も指摘されたことはありませんでした。一度、胸部レントゲンで再検査になってCTを撮られましたが、血管が重なって影になってただけでした。(なんか無駄に被爆したような。もう一度レントゲンじゃダメだったのだろうか。)それくらい健康体だったのが、妊婦になって検査してみると、いろいろと指摘されるのです。自覚症状がないのですが。

 

初期の血液検査で肝臓の数値がおかしいと言われ、再検査。再々検査で正常に戻るも、結局原因はわかりませんでした。中期の検査では貧血気味と言われ、まったく自覚はなかったのですが、鉄剤を飲みました。検診の度に尿検査をしますが、後期に入るあたりから糖が出るようになってしまいました。妊娠前に比べて甘いものは控えていたのですが、かなり気をつけても出てしまい、糖尿病を疑われ(妊娠を機に糖尿病になってしまう人がいるらしい)詳しい検査をしました。糖負荷検査という、甘いソーダ水を一気飲みして、飲む前に1回と飲んで一時間おきに2回の血液検査を受けました。結果は異常なしで糖尿病の心配はなく、食事も今まで通りで構わないということで安心しました。

振り返るとやけに採血されていたような気がします。

 

自覚のある不快な症状と言えば、足のむくみです。

妊娠5か月から現在も、なぜか右足だけがむくんでいます。足首より下から始まり、最近ではスネの方まで広がって来ています。左右比べると太さが明らかに違います。妊娠初期に買ったストラップ付きのフラットシューズ、右足だけストラップの間からむくんだ肉が盛り上がっておかしなことになるので、履く気になれませんでした。妊娠がわかってすぐにぺたんこ靴をいくつもそろえてしまうと、後で履けなくなる可能性があるので注意です。

そして、足がつります。

寝ているとき、散歩しているとき、突然つります。ふくらはぎなら、指を持って手前にぐいっと引いて伸ばせばすぐ治るのでいいのですが、脚の側面で、どう伸ばしたら良いかわからない部分がつるのです。これが本当に痛い。初めは、つっては飛び起きて騒いでいましたが、今では慣れて、ひとり無言で立ち上がって適当にストレッチして(未だにどうやって治せるのかよくわからない)解消しています。

 

あと、突然手足にものすごくかゆい湿疹が発生したときがありました。

妊娠とは関係ないと思っていたのですが、検診のときに医師に訊いてみたところ、妊婦にはよくあることで、産婦人科でも皮膚の薬を処方してくれるそうです。その日はまだ大したことがなかったので、薬をもらわずに帰ってしまったのですが、そのあと急激に悪化してしまい、次の検診日まで耐えられないほどのかゆみになってしまいました。調べてみると、同じようなかゆみで悩む妊婦さんはたくさんいることがわかりました。「妊娠性痒疹」などと呼ばれるもので、酷い人だと全身に発生するそうです。

私の場合は、手足の指に小さなプツプツができ始め、一週間ほどで手足の甲全体に広がり、手首足首まで来た頃には本当に耐えられないかゆみでした。とりあえずのかゆみ止めに、虫さされの「液体ムヒ」を使っている人がいたので試してみたところ、一日でかゆみが引きました。かゆみを紛らわせればと思っていたら、新たなプツプツは出来なくなり、数日で治ってしまいました。その後、再発することはありませんでした。ただし、ムヒはステロイド成分が含まれているので、使うなら短期間で済ませた方が良いと思います。

 

いろいろありましたが、大事には至らず今日まで来ました。

お腹の子は順調に育ち、すでに推定体重3100gを超えています。内側から力強く押してきます。もう狭くてしょうがないだろうなと思います。ここ一週間くらい頻繁にお腹が張るし、ときどき前駆陣痛らしき痛みもあり、近いうちに会えそうです。